FC2ブログ

「水管理。。」

愛車「プリウス」にて様々なことを歳時記として紹介。「R/Cヘリコプター」「PIC」「連枝」興味深々・・
自己紹介
プロファイル
 自由気ままなひとり言 コメントお待ちしています。リンクは、ご自由にどうぞ!
 ※プリウスとラジコンは白髪おやじのひとり言に掲載中!
--/--/--(--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2012/06/23(土)
「さくらんぼ」も佐藤錦が終盤を迎えました。。。。 (^ム^)

隣接する水田も「活着期」が過ぎ「分げつ期」になったんじゃないかと。。?
IMAG0386.jpg IMAG0387.jpg

深水から浅水に変え。。そろそろ間断の時期かと。。

7月上旬には、「有効分げつ決定期」を向かえ「中干し」の為、溝きり作業を予定しています。
p002.jpg


田植時:深水(水を5cm 程度に張り、深水管理をして雑草の発生防止に努めます。)
活着期:浅水(分げつ発生を促す水深3cm前後の浅水管理)
よく茂ったイネ群落からの蒸発散量は,晴天日で1日4~5mm(10a当たり4~5トン)になる.
田植えから収穫までに雨水以外で灌漑に要する水の量(用水量)は,ふつう10a当たり1,200~1,500トンといわれる.

分げつ期:間断灌漑(浅水程度に水を入れ、その水が無くなっても、すぐに水を入れずに1~2日そのままにしておき、再び浅水程度に水をいれます)

その後、「中干し(溝きり)」幼穂形成期・減数分裂期(間断)・出穂(浅水)・登熟期(間断・・出穂期後30日)・落水とまだまだ続きます。

 中干し時に、田んぼの水がスムーズに排出されるよう、溝切りを行います。これは5~10mぐらいの間隔で田んぼに溝を切り、排水口につなげる作業です。この作業をしないと、田んぼがよく乾かず根張りが悪くなり、イネが倒れやすくなってしまいます。

まだまだ、先の長い話で。。。。初心者は、悩みながら頑張ってます

この記事へのコメント
URL:
Comment:
Pass:   
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック

 | Copyright © 任侠のひとり言 All rights reserved. | 

まとめ / Template by パソコン 初心者ガイド
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。